• TOP
  • 修理
  • 点検
  • 全国対応エリア
  • お問い合わせ
  • CSR活動
  • 採用情報
  • 会社情報

点検

点検概要

シャッターを安全にご使用いただくためには『毎日の正しい取り扱い』と『お客様の日常点検』が欠かせません。
それに加えてシャッターのエキスパートによる定期的な点検でさらなる安心・安全が得られます。
文化シヤッターサービスでは、平成28年度より新設された国家資格である防火設備検査員および社団法人日本シヤッター・ドア協会認定の
「防火シャッター・ドア保守点検専門技術者」資格取得者が点検を行います。また、製品によっては「消防設備士(4類)」・「第二種電気工事士」等の国家資格を合わせ持ったカスタマーエンジニアが、より高度なチェックを行ったうえで点検報告書を提出させていただきます。

お客様の自主点検について

安全に安心してシャッターをお使い頂くために、取扱い説明書に沿った正しい取扱いと日頃からの維持・管理が大切です。
日常点検として、お客様ご自身で下記の事項を実施してください。

シャッター降下ライン上に障害物はないか?
シャッター降下ライン上に障害物はないか?
シャッターの外観が変形していないか?
シャッターの外観が変形していないか?
押しボタンスイッチの操作は簡単にできる状態か?
押しボタンスイッチの操作は
簡単にできる状態か?
シャッター閉鎖中に異音はないか?
シャッター閉鎖中に異音はないか?
シャッター停止位置は正常か?
シャッター停止位置は正常か?

定期点検システムについて

定期点検には専門的な知識や技術が必要とされ、また高所作業や電気的な作業で危険が伴います。
そこで、定期点検は文化シヤッターサービスまでご用命ください。
経験と実績を積んだカスタマーエンジニア(CE)が責任を持って対応いたします。

維持保全はもとより、さまざまなメリットがあります。

  • 1.安全性
  • 2.経済性
  • 3.耐久性
  • 4.迅速性

シャッターの修理はこちら!

よくあるご質問

このページの上へ